不動産 投資 日記Top >   不動産投資 >  不動産業界においての不動産投資の倫理性とは?

スポンサードリンク

不動産業界においての不動産投資の倫理性とは?

 不動産――とは「動産」という単語とセットになった考え方で、土地や建物など、その名の通り【動かない財産】つまり不動の、動かすことのできない財産、=不動産という定義が成り立つ。
不動の財産で不動産。基本的な考えはお分かりいただけただろうか?

 逆に不動産と対極にある【動産】は動かすことのできる財産だから、これはいろいろとある。
車、ヨットなどの大型耐久消費財や、宝石、金、お金などもこれに入る。


 不動産投資とは、建物や土地という本来なら価値の決めにくい物に対して価値をつけていくわけだから、幻影のようなものだ。
基本的に値段は相対的なもので、まわりの環境や設備、需要によってずいぶんと変動する。


 不動産投資は、不動産における幻影性を利用するのであくどい事を考える人間も中には存在する。


 そこに建っている不動産自体は(経年劣化はあれ)何ら変化しないと言うのに、あたかも価値が変動しているかのように見えてしまうのは、その土地を見て価値を感じる人々が共通の幻影を抱いているという、幻影に踊らされているという、一つの証明であると思うけれども、不動産投資において、一定の倫理・歯止めのようなものがないと、バブル崩壊を引き起こすような悲惨な結末を迎えることは想像に難くない。
共通の価値観を持つ人間が多数いることから土地価格が上昇するのであれば
価値観の多様化から土地価格の上昇を抑えることができるかもしれない。

何にせよバブル崩壊のような悲劇はもう二度と生み出してはならない。

スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://wasino.net/mt/mt-tb.cgi/2

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

不動産 投資 日記Top >   不動産投資 >  不動産業界においての不動産投資の倫理性とは?

カテゴリー

スポンサードリンク