不動産 投資 日記Top >   競売 物件 >  不動産業界における競売と物件とは?

スポンサードリンク

不動産業界における競売と物件とは?

 不動産の世界では競売というものがあり、物件確保の際の一つの有力な手段といえる。
競売とは文字通り競うわけで、わかりやすく言うと住宅のオークションのようなものと捕らえてもらっても構わない。


 不動産は住む人がいて、住人からの家賃収入があって初めて資産として成り立つが、例えばある不動産から、住人が突然いなくなったとしよう。


 理由はいろいろ考えられるが、不動産を置き去りにするいわゆる夜逃げというやつだ。
もちろん住人がいなくなるわけだから家賃収入は途絶え、物件が宙に浮いた形となる。


 不動産の所有者は、たいていは負債を抱えているので、その不動産・物件は債権者(借金の取立人、業者)の手に渡る形となる。
不動産を売ったお金で借金の一部を回収するわけだ。


 物件を処理したい不動産の債権者は、物件を売りに出し、売却物件に注目した人(不動産業者や一般人も含む)たちが、不動産に値段を付ける(入札制)。


 不動産の値段になるべく高い値段をつけた者が最終的に落札できる。これが競売である。
オークションと変わらないが、一般人が参加すると悪徳業者に落札した不動産が選挙されていたという事件もあったことから、参加する際は注意が必要だ。


 不動産の世界では競売はよく行われ、それほど珍しいことではない。


 競売というスタイルが物件の処分には好都合だから、不動産の世界に競売はなじみやすい。不動産の業界では頻繁に用いられるのが競売という物件処理の方式なのである。

スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://wasino.net/mt/mt-tb.cgi/3

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

不動産 投資 日記Top >   競売 物件 >  不動産業界における競売と物件とは?

カテゴリー

スポンサードリンク