不動産 投資 日記Top >   競売 物件 >  不動産の競売がなぜ物件処理に適しているのか?

スポンサードリンク

不動産の競売がなぜ物件処理に適しているのか?

 不動産の価値の幻影性?不動産の前項でも書いたように、幻影性があるので、競売という不動産物件において、不動産物件に興味のある人(不動産業者だけでなく一般人も含む)が、次から次へと値段をつけていく。

入札方式は封印入札方式と呼ばれ入札者(買い手)が相互にいくらで入札したか知ることができない競売方式である。

 不動産の競売というのは、「競って売る」と書くが、希望者が奪い合うように、競り合って何とかその物件・不動産を自分のものにしようと画策する。もちろん相手の入札価格を知ることができないので、相手との駆け引きが非常に難しい。


 それは非常に不動産物件の特性を考えていただいても理解できるように、もともと幻影なのだから、値段をあれやこれや競そってつけていっても、実態がないといえる。ゆえに、いくらの値段をつけるかは自分しだいで他人には何らの迷惑を及ぼさないから、競売して物件を競り落としたらいいのでは?と競売の利便性がことさらに不動産業界では強調される傾向にある。

購入する方も安く買え、売る方も早く処分できる。
不動産競売は双方にメリットがあるのだ。


 物件がだぶついて困っている不動産業者たちにも、非常に有益なる機会を提供するのであるから、当該手法が頻繁に用いられるのも理解できるというものである。

スポンサードリンク

関連エントリー

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://wasino.net/mt/mt-tb.cgi/4

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

不動産 投資 日記Top >   競売 物件 >  不動産の競売がなぜ物件処理に適しているのか?

カテゴリー

スポンサードリンク